Top > 休職中の会社の扱い > 休職中の会社の扱い

休職中の会社の扱い

妻の介護の為、緊急で1月末より休むことになりました。会社には、本当に申し訳ないことをしたのですが、私の考え方は、家族優先です。上司に事情を話し、とりあえず、長期に休む許可をもらいました。当然のことながら、引き継ぎ業務もないままに休んだものですが、私の職種は対ユーザーを相手にした仕事で、クレーム案件に私が携わった案件に対して連絡が有りました。当然、私の責任なので私が対応しなければならない件は、なんとか都合をつけて処理しました。私も出来るだけ迷惑をかけないように気づかい、何とかほぼ片付けたところでした。早速、ブロック長より電話があり、「抜けた穴埋めの人員の補強をしないといけないので、いつまで休むのか、それとも、このまま退職するのか返事をして欲しい」と連絡が有りました。その後に、「今現在は、有休を使っているが、すぐに、返事をしないと有休もなくなるし」と、とても冷たいものでした。その次の日に、会社の見解として休暇中の給料の扱いについて人事からpdfファイルがメールで送られてきました。その中には、休業中は、全くの無休扱になるという、介護者の立場からすると辛く追い打ちをかけられる内容のものでした。その後に、ブロック長より電話があり、迷惑そうな雰囲気で、返事を催促するようなものでした。何十年も働き会社に少しでも貢献してきた人に対して、冷たいものでした。収入を絶たれた私は、何か手立てがないか、インターネットで必死に調べたところ、介護休業給付という制度がある事がわかりました。これは、会社から、ある金額以下もしくは、支給されない場合、会社より申請を起こしてハローワーク経由で頂ける制度でした。このような制度は、この時、全く、説明ありませんた。とても不安な気持ちになりました。 今年の1月に会社から介護休職制度対象期間の拡充(正規社員)について、メールがあり、安心して求職者を支援しますよ、というような案内で、この時は、給料については、詳しく説明がありませんでした。その事もあり、とても会社に対して落胆しました。本部の人事総務課に、ハローワークに申請して欲しいと連絡したところ、次の日に、女性の方が、私の休暇状況を確認して頂き、3月末までは、有休で休むことができるので、今すぐ申請したほうが良いですよと親身になってくれました。本当に助かりました。

千葉老人ホームおすすめ

休職中の会社の扱い

関連エントリー
休職中の会社の扱い